中島は、昨年8月にFC東京から移籍。

 27億円の男――。ある日本人サッカー選手の国際的な“評価額”が話題になっている。サッカー・ポルトガルリーグのポルティモネンセに所属するフォワード、中島翔哉(23)。ポルトガル現地紙が「ウクライナの強豪クラブから13億円の移籍オファーも、所属先が違約金は27億円だとして交渉拒否」と報じた。

文句言ってたベテラン選手は川崎に出戻りしました。このまま成長すればもっと高額になるかも知れないここ2,3年で移籍市場は大きく変わった。今の時代なら香川も20~30億はなっていた
中田ヒデの時とは相場が違う。けど更なる成長を期待してます。中島と言えばリオ五輪最終予選でイラン相手に決めた2ゴールのミドルが印象的。あれは上手い。このまま行けば夏にステップアップもできる。いや、その前にもしかしたらロシア行きもありえるかも。
香川、ヒデ超えって、今とその頃じゃ市場の相場が全然違うし、こう言った書き方は誤解してもらおうと煽ってるとしか思えない。しかも、移籍金ではなく違約金なので、選手の市場価値より高く設定されてるものなので、明らかに無知を露呈してる。オリンピックの時に1人だけ違うなと思った記憶があります中田が30億だったかの時代は当代最高のプレイヤーであったジダンが80億円だからねぇ。